TopNewsMembersResearchLecturesPublicationsLinksAccess

 

尾上君が電子情報通信学会NS研究会で研究発表を行いました

news_fig

 修士課程1年の尾上正紀君が、2008年12月19日〜20日に神戸大学(兵庫県神戸市)で開催された電子情報通信学会ネットワークシステム(NS)研究会で研究発表を行いました。

 発表論文のタイトルは、「μSEcastにおけるパケットヘッダ削減手法の実装とその評価」。μSEcastプロトコルは、多人数対戦ゲームのように同じデータを複数の場所に送信する際、パケットを統合して転送することで自動的に通信量を削減する技術で、数年前に当研究室で開発されました。μSEcastでは、パケットを統合する際、パケットヘッダと呼ばれる部分をそのままの形で包含する必要があります。パケットヘッダには、宛先などの制御情報が書かれているので、この部分を削除することはできません。従来のμSEcastでは、複数のパケットを統合すると、その数だけパケットヘッダが含まれることになり、統合パケットが大きくなるという問題がありました。
 本発表では、パケットヘッダを圧縮して統合する手法を提案、シミュレーションにより性能評価を実施しました。圧縮手法として、ハフマン符号、ランレングス符号などが有名ですが、提案手法はこれらの圧縮手法と比較して非常に高い圧縮率を達成しました。

 本研究は、2008年3月に卒業した浅井淳志君が行っていた研究です。μSEcastに関する研究も、実際のインターネットでの利用に向けて着実に進んでいます。今後の研究の進展に期待ですね!

 

 

ニュース一覧へ戻る

 

 

Copyright (c) 2007-2020 Multimedia Information Network Laboratory, SIT, All rights reserved.