TopNewsMembersResearchLecturesPublicationsLinksAccess

 

2008年度の集大成! 電子情報通信学会総合大会(2009年3月)で発表しました

news_fig

 2009年3月17日〜20日に愛媛大学(愛媛県松山市)で開催された電子情報通信学会2009年総合大会と、3月7日に東京電機大学神田キャンパス(東京都千代田区)で開催された電子情報通信学会東京支部学生会学生発表会において、MINET所属の全学生が研究発表を行いました。

 MINETでは、3月に開催される学会での研究発表を卒業条件としており、いつも学部4年生を中心として博士課程、及び修士2年の学生が発表を行うのが通例です。今年は、修士1年の4名の学生も奮闘し、全学生の学会発表が実現しました。

 博士3年のTran Quang Vinh君と修士2年の山本嶺君は、総合大会英語セッションでの発表となりました。一般講演の持ち時間が15分しかないのに比べ、英語セッションは25分の時間が与えられています。出席者の多くが外国人である本セッションでは、大変活発な議論が展開されました。

 一般講演での発表も、ネットワークシステム(B-6)、情報ネットワーク(B-7)、コミュニケーションクオリティ(B-11)、アドホックネットワーク(B-21)と多岐にわたっており、MINETの研究分野が以前と比べて広がっていることが明らかになりました。各セッションにおいて、大変有意義な質疑応答が行われました。

 学会発表は、私共の研究内容を広く公開する機会であるのみならず、研究室外の方から有益なコメントを頂ける重要なチャンスと捉えております。質疑に御参加頂けた方々に、この場を借りて御礼申し上げます。


※写真は、μSEcastのプレゼンを行う尾上君。

 

 

ニュース一覧へ戻る

 

 

Copyright (c) 2007-2020 Multimedia Information Network Laboratory, SIT, All rights reserved.