TopNewsMembersResearchLecturesPublicationsLinksAccess

 

「通信網工学」2008年度成績評価の結果を報告します


 通信網工学の成績評価結果を報告します。

● 人数
  履修者数: 182名
  期末試験受験者数: 142名


● 期末試験得点率
  第1問: 70.8%
  第2問: 58.6%
  第3問: 69.6%
  第4問: 58.9%
  第5問: 63.2%
  トータル: 66.0%


● 成績評価
  A: 46名
  B: 27名
  C: 29名
  D: 40名
  K: 40名(期末試験未受験者を便宜上Kとしています)


● コメント
 試験問題の難易度は従来通りですが、全体の平均点が少し上昇し、66点となりました。特に、2年生の平均点は71.7点となり、これまでで最高点を記録しました。
 問題ごとの得点率を見ると、待ち行列(第1問)、システムの信頼性(第3問)が非常に高くなっています。一方で、即時式回線交換(第2問)、ネットワークの連結確率(第4問)の得点率は低く、この分野に課題が残ります。特に、ネットワークの連結確率の問題では、故障率と連結率を混同している学生が多いようでした。この分野は基本情報処理技術者試験でも出題される部分ですので、是非理解しておきましょう。

 

 

ニュース一覧へ戻る

 

 

Copyright (c) 2007-2020 Multimedia Information Network Laboratory, SIT, All rights reserved.