TopNewsMembersResearchLecturesPublicationsLinksAccess

 

マレーシアJADプログラムで「情報通信基礎」の講義を行いました!

news_fig

 三好は、2007年度よりマレーシアJADプログラムの遠隔講義講師(distancelearning lecturer)を務めており、電子情報システム学科で開講している講義「情報通信基礎」を遠隔配信しています。一般に、遠隔講義は学生と教員の距離が遠くなりがちで、質問のしにくさ、授業への集中度低下などが指摘されています。そこで、本講義では、遠隔講義と直接講義をハイブリッドに組み合わせたスタイルで遠隔講義を行っています。そこで11月20日(木)、マレーシア・シャアラムにあるセランゴール産業大学内に設置されたJADプログラムキャンパスにおいて、情報通信基礎全15 回のうち2 回分の講義をフェース・ツー・フェースで実施しました。

 マレーシアに出張して、JADプログラムの学生達の前で講義をするのは今年で2回目。日本への留学を目指して、日本語で勉強している彼らは大変勉強熱心で、楽しく講義を行うことができました。また、彼らの日本語能力は想像以上で、日本での講義とほとんど変わらない速度で喋ってもほぼ確実に理解しているようでした。

 本講義は、あと5回の講義撮影と1回のリアルタイム遠隔講義を残しています。単位取得を目指して頑張りましょう!!

 

 

ニュース一覧へ戻る

 

 

Copyright (c) 2007-2020 Multimedia Information Network Laboratory, SIT, All rights reserved.