TopNewsMembersResearchLecturesPublicationsLinksAccess

 

吉沢君が電子情報通信学会NS研究会で研究発表を行いました

news_fig

 修士課程1年の吉沢剛君が、2008年7月17日〜18日に京都大学(京都府京都市)で開催された電子情報通信学会ネットワークシステム(NS)研究会で研究発表を行いました。

 発表論文のタイトルは、「アドホックネットワークにおける一時的経路変更方式」。アドホックネットワークとは、無線通信を利用して端末だけでネットワークを構築する技術で、無線通信基地局を用意せずに通信可能範囲を大きくするための技術です。各端末が協力して、他の端末の通信を中継することで、任意の2端末間で通信を行うことが可能になります。しかし、無線通信を使うため環境の変化に弱く、障害物などによって電波が弱くなると一時的に通信が途切れることがあります。
 本研究では、障害物などによる一時的な通信環境の悪化から、無線通信を守るための手段を開発しました。無線通信の特徴として、電波は空間内を球状に伝わります。よって、実際に送信したい相手以外にも電波は届きます。この特徴を利用して、実際に送信したい端末の周辺にある他の端末が協力し合って送信ミスをかばい合う手法を開発、一時的に通信経路を変更して環境悪化した部分を避けた通信を可能にしました。

 本研究は、修士課程2年の山本嶺君が開発した手法を更に改良してより効果的にしたもの。山本君の研究も今年10月に開催される国際会議「14th Asia-Pacific Conference on Communications(APCC2008)」にも採択されるなど、高い評価を得ています。MINETでは、これからも通信の信頼性を高めた無線通信技術の研究開発に注力する予定です!

 

 

ニュース一覧へ戻る

 

 

Copyright (c) 2007-2020 Multimedia Information Network Laboratory, SIT, All rights reserved.