TopNewsMembersResearchLecturesPublicationsLinksAccess

 

学部4年の朝倉啓太君が電子情報通信学会QoSワークショップで研究発表を行いました。

news_fig

 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究会主催の第9回QoSワークショップが、11月29日に名古屋工業大学(愛知県名古屋市)にて開催されました。MINETからは学部4年の朝倉啓太君がポスター発表を行いました。

 朝倉君の発表タイトルは「Bluetooth音声ストリーミング配信における無線環境とスループットの関係」。Bluetooth音声マルチホップストリーミングでは、無線環境によってスループットが変化しますが、従来研究では端末間距離や無線LANによる影響について議論されていません。そこで本発表ではBluetooth音声マルチホップストリーミングにおいて、通信ホップ数、端末間距離、無線LANアンテナ数がスループットに与える影響について検討を行いました。

 QoSワークショップでのポスター発表は、「Work in Progress(進行中)」での発表であり、まだ最終的な結論まで至っていません。これまでに得られた途中経過を発表し、それに対するコメントを頂くことで、今後の研究ほ方針を定めることができる大変有意義な機会で
した。総合研究も残り1ヶ月。頂いたコメントをもとに今後の研究に励みましょう!

 

 

ニュース一覧へ戻る

 

 

Copyright (c) 2007-2020 Multimedia Information Network Laboratory, SIT, All rights reserved.