TopNewsMembersResearchLecturesPublicationsLinksAccess

 

協力研究生の小野君の研究論文がIEICE ComEXに採録され先行掲載されました!

2019年3月に卒業し、現在東京大学大学院新領域創成科学研究科修士1年に在籍中の小野翔多君が投稿した研究論文「Mobile-assisted Ad Hoc Networking Architecture Based on Location Information(位置情報に基づいた移動体通信アシスト形アドホックネットワーキングアーキテクチャ)」が、電子情報通信学会が発行するレター論文誌Communications Express(ComEX)に掲載されました。

(論文Abstractより)
本論文では、端末の位置情報に基づいて、移動体通信網によるサポートを受けながらルーティングを行うアドホックネットワーキングアーキテクチャを提案する。提案アーキテクチャは、位置情報レイヤとアドホックレイヤから構成される。位置情報レイヤは移動体通信網を用いて端末の位置情報を管理し、これらの情報に基づいてアドホックネットワークを構築する範囲を決定する。アドホックレイヤでは、端末間通信を用いて実際のマルチホップ経路を構築し、経路に沿ってデータ転送を行う。提案アーキテクチャを用いることで、経路探索時に発生する不必要なパケットを大きく抑制することができ、パケット到達率を改善することが可能となった。

本論文はオープンアクセスです。J-STAGEからダウンロードできます。

Shota Ono, Taku Yamazaki, Takumi Miyoshi, and Kaoru Sezaki, "Mobile-assisted Ad Hoc Networking Architecture Based on Location Information," IEICE Communications Express (ComEX), Article ID 2019XBL0152, [Advance publication] Released January 10, 2020. DOI: 10.1587/comex.2019XBL0152


2020年3月3日更新

本論文は3月1日に正式公開されました。新しい情報は以下のとおりです。

Shota Ono, Taku Yamazaki, Takumi Miyoshi, and Kaoru Sezaki, “Mobile-assisted Ad Hoc Networking Architecture Based on Location Information,” IEICE Communications Express (ComEX), Vol. 9, No. 3, pp. 94-99, 2020. DOI: 10.1587/comex.2019XBL0152

本論文はオープンアクセスです。J-STAGEからダウンロードできます。

 

 

ニュース一覧へ戻る

 

 

Copyright (c) 2007-2020 Multimedia Information Network Laboratory, SIT, All rights reserved.