TopNewsMembersResearchLecturesPublicationsLinksAccess

 

6月20日に大学院特別講義を開催致します


 来る6月20日、大学院講義「通信網工学特論」(3限)におきまして、学外の講師をお招きして以下の特別講義を実施することとなりました。

 今回の特別講義は、次世代通信網として期待の高まる「NGN」をテーマとしたものです。NTT西日本において、NGN研究開発の第1線で活躍される奥谷武則さんに、NGN標準化の動向について講義をお願いしています。

 本特別講義は「通信網工学特論」の講義の一環として実施するものですが、履修/未履修に関係なく、本学大学院に在籍する方はどなたでも参加可能です。また、学部生で興味のある方も、是非参加して下さい。


日時: 2007年6月20日 13:00〜14:30
場所: システム工学部棟4F 441教室
講師: 奥谷武則 氏 (NTT西日本 研究開発センタ)
タイトル: NGN標準化動向について

概要:NGN標準化の経緯として、IP電話の標準化、モバイルにおけるIMS標準化の経緯、NGN標準化のベースとなったMGCPのアーキテクチャについて説明したうえで、NGNアーキテクチャ及び現状の標準化動向について説明する。

 

 

ニュース一覧へ戻る

 

 

Copyright (c) 2007-2020 Multimedia Information Network Laboratory, SIT, All rights reserved.