TopNewsMembersResearchLecturesPublicationsLinksAccess

 

2017年度

- 受賞

  1. 三好 匠,芝浦工業大学学長賞(教育),November 2017.

 

- ジャーナル論文(査読付)

  1. T. Yamazaki, R. Yamamoto, T. Miyoshi, T. Asaka, and Y. Tanaka, "Opportunistic Routing Using Prioritized Forwarders with Retransmission Control," Image Processing & Communications, Vol. 21, No. 1, pp. 57-66, April 2017. DOI: 10.1515/ipc-20160005

 

- 国際会議(査読付)

  1. L. Salhi and T. Miyoshi, "Toward a Smart Environment Monitoring System: A Data-Centric Routing Based Approach in Ad-Hoc Wireless Sensor Networks," 12th South East Asian Technical University Consortium (SEATUC) Symposium, Jogjakarta, Indonesia, OS03-12, March 2018.
  2. T. Miyoshi, "Location-based Peer-to-peer Communication: Bringing Efficient Locality-aware Networks," 5th International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2017), Aomori, Japan, November 2017. (Invited Talk as ASON Workshop Keynote)

 

- 国内発表(研究会)

  1. 岩上新之介,三好 匠,朝香卓也,"マルチホップネットワークにおけるMANET-DTN階層形パケット転送方式," 電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 117,No. 491,ICM2017-74,pp. 109-114,March 2018.
  2. 浅野一真,新井聡史,山崎 託,下村勇介,三好 匠,"位置依存形P2Pネットワークを用いた近距離協調データオフロード手法," 電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 117,No. 459,NS2017-191,pp. 135-140,March 2018.
  3. 片田寛志,三好 匠,"アドホックネットワークにおける真正粘菌の挙動を利用した負荷分散形ルーチング," 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ基礎講座ワークショップ,No. CQWS5-08,p. 40,January 2018.
  4. 林 晃司,三好 匠,"機械学習を用いたP2PTVトラヒック分類手法," 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ基礎講座ワークショップ,No. CQWS5-15,p. 47,January 2018.
  5. 藤間貴史,下村勇介,三好 匠,"位置依存形P2P通信におけるコネクション削減手法," 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ基礎講座ワークショップ,No. CQWS5-16,p. 48,January 2018.
  6. 山崎 託,山本 嶺,三好 匠,朝香卓也,田中良明,"アドホックネットワークにおける中継領域を絞り込んだOpportunistic Routing(依頼講演)," 電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 117,No. 303,NS2017-116,pp. 29-32,November 2017.
  7. 下村勇介,三好 匠,"位置依存形P2Pネットワークにおける通信基盤に関する検討(奨励講演)," 電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 117,No. 305,ICM2017-30,pp. 51-56,November 2017.
  8. 植田凌太,山崎 託,三好 匠,"無線マルチホップネットワークにおける適応形パケット転送方式の検討," 電子情報通信学会第25回ネットワーク仮想化研究会予稿集,NV2017-13,November 2017.
  9. 林 晃司,三好 匠,"LTEにおける無線基地局セル内のスループット分析," 電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 117,No. 114,ICM2017-17,pp. 73-76,July 2017.
  10. 下村勇介,三好 匠,"位置情報に基づいたP2P形コミュニケーションシステム," 電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 117,No. 114,ICM2017-18,pp. 77-80,July 2017.
  11. 内田悠太,三好 匠,上田清志,"スマートメータネットワークにおける所番地表示を用いたデータ配信手法," 電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 117,No. 114,ICM2017-19,pp. 81-84,July 2017.

 

- 国内発表(大会)

  1. 藤間貴史,下村勇介,三好 匠,"コネクション削減による位置依存形P2Pネットワークの安定化," 電子情報通信学会総合大会,分冊通信2,B-6-53,p. 53,March 2018.
  2. 下村勇介,三好 匠,オリヴィエ フルモー,"位置情報を用いたP2P形近接ネットワークの検討," 電子情報通信学会総合大会,分冊通信2,B-6-54,p. 54,March 2018.
  3. 大町功輝,下村勇介,三好 匠,"位置情報に基づく階層型P2Pにおける車車間通信," 電子情報通信学会総合大会,分冊通信2,B-6-55,p. 55,March 2018.
  4. 片田寛志,三好 匠,"真正粘菌の経路選択アルゴリズムを用いた負荷分散形アドホックルーチング," 電子情報通信学会総合大会,分冊通信2,B-6-58,p. 58,March 2018.
  5. 岩上新之介,三好 匠,朝香卓也,"MANET-DTNにおけるノード次数に基づくデータ再配置手法," 電子情報通信学会総合大会,分冊通信2,B-6-59,p. 59,March 2018.
  6. 浅野一真,山崎 託,三好 匠,"複数モバイル端末による近距離協調データオフロードシステム," 電子情報通信学会総合大会,分冊通信2,B-6-64,p. 64,March 2018.
  7. 新井聡史,山崎 託,三好 匠,"近距離協調データオフロードシステムにおける分散ダウンロード手法," 電子情報通信学会総合大会,分冊通信2,B-6-65,p. 65,March 2018.
  8. 横井秀行,林 晃司,三好 匠,"位置情報と基地局の混雑度を用いたスループット分析," 電子情報通信学会総合大会,分冊通信2,B-14-9,p. 327,March 2018.
  9. 中村光宏,山崎 託,山本 嶺,三好 匠,田中良明,"階層形車車間通信における速度情報に基づく中継車両選択手法," 第23回電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,No. 57,p. 57,March 2018.

 

 

最新版へ戻る

 

 

Copyright (c) 2007-2020 Multimedia Information Network Laboratory, SIT, All rights reserved.