TopNewsMembersResearchLecturesPublicationsLinksAccess

 

博士課程のVinh君が、HUT-ICCE 2008でStudent Paper Awardを受賞しました!!

news_fig

 Tran Quang Vinh君が、2008年6月4日〜6日にベトナム・ホイアン(Hoi An)で開催されたハノイ工科大学主催の国際会議The Second International Conference on Communications and Electronics(HUT-ICCE2008)において論文発表を行い、IEEEベトナムセクションよりIEEE Section Prize Student Paper Awardを受賞しました。
 HUT-ICCE2008は、2006年にハノイ工科大学の創立50周年を記念して第1回が開催され、今年が2回目となりました。今回はフルペーパーの採択率が43.6%、通信工学(Communication Engineering)部門においては37.7%と、比較的難しい国際会議となりました。

 発表タイトルは、「Energy Balance on Adaptive Routing Protocol Considering the Sensing Coverage Problem for Wireless Sensor Networks(無線センサネットワークにおけるセンサ検出範囲問題を考慮した適応型ルーティングプロトコルの電力消費について)」。今年4月に開催されたIEEE Sarnoff Symposium 2008で発表した内容の続編で、センサの消費電力を考慮して動作させるべきセンサを選択するアルゴリズムを、Vinh君が以前より提案しているルーティングプロトコルARPEESに組み込んで、より効果的なデータ集約を実現しました。コンピュータシミュレーションにより他の手法と比較したところ、当アルゴリズムを組み込んだARPEESは、アルゴリズム組み込んだLEACHプロトコルやオリジナルのARPEESよりも性能を向上させることが明らかになりました。

award_fig さてこの論文、前述のBest Paper Award(学生論文賞)に選ばれたわけですが、これは米国電気電子学会(IEEE)のベトナム支部より、HUT-ICCE2008で発表したベトナム人学生の優秀論文に対して授与されたもの。4つの発表部門「電磁波工学」、「通信工学」、「符号・信号処理」、「応用電子工学」から各1名が選出されたとのことです。Vinh君の論文は通信工学部門の最優秀論文として選ばれ、本賞の受賞となりました。

 Vinh君は今年10月から博士課程3年になります。受賞を機に、更なる研究の進展に期待です!!

 

 

ニュース一覧へ戻る

 

 

Copyright (c) 2007-2020 Multimedia Information Network Laboratory, SIT, All rights reserved.